債務整理 守口市

債務整理

大阪府守口市で調べてみると2件の法律事務所・司法書士事務所を見つけました。

事務所によっては夜間・土日でも相談を受け付けていたり分割・後払いに対応しているところもあるので、自分にあった事務所を探してみてください。

全国対応しているおすすめ事務所

大阪府守口市にある事務所をこのあとまとめていきますが、まずは全国対応している事務所をまとめておきます。

全国対応していればそれだけ累計の対応件数・相談件数も多くなりやすいので、債務整理の手続きもスムーズに進みます。

全国対応とはいっても色んな事務所がありますが、今回は

○全国対応していること
○分割払いや後払いに対応していること
○借金相談の実績が豊富なこと

この3つを条件にしてみました。

以下はこれらの条件を全てクリアしているので、安心して任せることが出来ます。

アヴァンス法務事務所

『実績と安さで選ぶなら、アヴァンス』

アヴァンス法律事務所は、2018年頃からテレビCMも放送している大手法律事務所です。

大手なだけあって相談実績も豊富な上に、女性専用窓口やWeb上で進捗状況をチェックできるシステムを導入しています。

<基本情報>

○相談実績:23万件以上
○支払方法:30日間は支払い不要・分割払い対応
○女性専用窓口「アヴァンスレディース」あり
○Web上で進捗状況が気軽にチェック出来る

<任意整理の費用>

○相談料:無料
○着手金:1社39,800円(税抜)
○成功報酬:1社10,200円(税抜)
○減額報酬:5社まで無料

公式ページはこちら

司法書士法人杉山事務所

『過払い金請求実績で選ぶなら、杉山事務所』

司法書士法人杉山事務所は、任意整理など借金問題を専門としていて豊富な実績があります。

週刊ダイヤモンド誌では「消費者金融が恐れる司法書士No.1」に輝いた実績もあり、実力派の法律事務所といえます。

<基本情報>

○相談実績:毎月3,000件以上
○支払方法:分割払い対応
過払い金請求金額は月5億円で日本一の実績
○全国9都市に事務所があり無料の出張相談も可能

<任意整理の費用>

○相談料:無料
○基本報酬:1社50,000円(税抜)
○その他:通信費等の実費(相場は2,000円程度)

公式ページはこちら

司法書士法人みつ葉グループ

『匿名の安心感と手軽さで選ぶなら、みつ葉』

司法書士法人みつ葉グループは、2012年からの過去7年間で業績を125倍に伸ばしています。
無料かつ匿名で使える減額診断シミュレーターがあるので、電話やメール相談よりも気軽に利用することが出来ます。

<基本情報>

○相談実績:24,000件以上
○支払方法:分割払い対応
無料・匿名の減額診断シミュレーターがある
○女性相談員による対応も可能

<任意整理の費用>

○相談料:無料
○着手金:10,000円~
○成功報酬:1社10,000円~

公式ページはこちら


 

全国対応の事務所として3つをまとめてみましたが、いかがでしょうか。

個人的には、実績や知名度で選ぶなら『アヴァンス法務事務所』がベストチョイスだと思います。

ですが過払い金請求においては『司法書士法人杉山事務所』が特に実績豊富なので、過払い金が発生している可能性がある方(2010年6月より以前から借入をしている方)はこちらをオススメします。

 

逆に、

「匿名でどれぐらい減額できるかだけ知りたい」

という方は、『司法書士法人みつ葉の減額診断シミュレーター』をオススメします。

減額診断シミュレーターはスマホからでも2,3分で終わるので、ちょっとした休憩中なんかにも使えます。

大阪府守口市にある事務所2選

長谷美保司法書士事務所

公式サイトから引用
住所 大阪府守口市藤田町6丁目16-8
TEL 06-6907-1188
最寄り駅 大和田駅
周辺Map
メールアドレス miho0120@wonder.ocn.ne.jp
公式サイト 不明
関連サイト https://itp.ne.jp/info/273824815133931850/
駐車場 不明
対応時間 不明
無料相談 不明 夜間相談 不明
土曜相談 不明 日曜相談 不明
メール相談 不明 女性専門家 不明
分割払い 不明 後払い 不明
支払い方法 現金のみ 法テラス利用 不明

 

守口司法書士事務所

公式サイトから引用
住所 大阪府守口市桜町9-1
TEL 06-6996-1223
最寄り駅 守口市駅
周辺Map
メールアドレス info@moriguchi-office.com
公式サイト http://www.moriguchi-office.com
関連サイト https://itp.ne.jp/info/274572905137050210/
駐車場 不明
対応時間 不明
無料相談 不明 夜間相談 不明
土曜相談 不明 日曜相談 不明
メール相談 不明 女性専門家 不明
分割払い 不明 後払い 不明
支払い方法 不明 法テラス利用 不明

 

法律事務所・司法書士事務所に行くのは勇気がいりますが、最初の1歩を踏み出さないと借金はもっと膨らむ可能性が高いです。

仕事が忙しくてなかなか行けないという場合は、電話で使える減額診断シミュレーターだけでも使ってみて、専門家の意見を聞いてみてください。

司法書士法人みつ葉の減額診断シミュレーター

債務整理で知っておきたいポイント5選

債務整理にはどんなデメリットがある?

債務整理の手続きには、いくつかデメリットがあります。

手続きごとに表にすると、以下のとおりです。

任意整理 個人再生 自己破産
減額できる目安 30万~80万程度 50%~80%オフ すべて帳消し
家族・会社に
バレる可能性
低い あり あり
ブラックリスト 約5年間 5年~
10年程度
5年~
10年程度
手続きの
難しさ
やさしい 難しい 難しい
事務所への
費用
1社5,6万円程度 70万円程度 30万~
40万程度
家の所有 可能 可能 不可
車の所有 可能 原則可能 原則不可
官報の掲載 なし あり あり
借金の理由 不問 不問 ギャンブル
浪費などは不可

 

任意整理は最大でも80万円ほどしか減額できませんが、その分デメリットはほぼありません。

ブラックリストには載りますが期間も短めですし、手続きも専門家にほぼお任せできます。

 

逆に個人再生や自己破産は、大幅に減額できる代わりにデメリットも多いです。

特に自己破産は自宅・車を手放すケースがほとんどだったり、必要書類が多くて手続きがややこしかったり、裁判所へ出廷するケースもあります。

またギャンブル・浪費などによる借金では手続きの許可が下りないので、かなりハードルが高めです。

こういったところも含めて、どの手続きを利用するべきかを専門家と相談してみてください。

債務整理の手続きにはどんな違いがある?

債務整理の手続きには、大きく3種類あります。

その違いを表にすると、以下のとおりです。

任意整理 個人再生 自己破産
バレる可能性 低い 低い 高い
減額の目安 30万円~
50万円程度
50%~
80%程度
ゼロにまで減額
手続きの内容 貸金業者との
交渉
裁判所での
認可
裁判所での
認可
手続きの
難しさ
低い 高い 高い
手続きに
かかる期間
4ヶ月~
6ヶ月程度
8ヶ月~
10ヶ月程度
6ヶ月~
1年程度
事務所への
費用
1社5,6万円程度 70万円程度 30万~
40万程度
ブラックリストの
期間
5年程度 5年~
10年程度
5年~
10年程度
家の所有 可能 可能 不可
車の所有 可能 原則可能 原則不可
借金の理由 不問 不問 ギャンブル
浪費などは不可

 

「どの手続きを利用すべきなのか」については、法律事務所・司法書士事務所で相談すればきちんと説明してくれます。

ただ一般的に言われているのは、以下の通りです。

任意整理が向いている方

  • 定期的に収入がある
  • 借金が300万円以下である
  • 少し借金が減れば返済できる

個人再生が向いている方

  • 定期的に収入がある
  • 借金が5000万円以下である
  • 借金が半分以下になれば返済できる
  • 自宅や車はなんとしても残したい
  • ギャンブルや浪費で借金を作った

自己破産が向いている方

  • 定期的な収入がない
  • 借金を返済できる見込みがない
  • 借金を全て帳消しにしたい

借金している事はなぜバレる?

借金が家族にバレてしまった経験がある方100人へアンケートを取ったところ、こういう結果が出ました。

100人のうち61人は、「業者からの郵便物」または「督促状・電話」によってバレている事が分かります。

なので、この2つに気を付けていれば家族にバレる可能性をグッと下げられます

 

まず「業者からの郵便物」ですが、

  • 契約直後に届く契約書
  • 不定期のキャンペーン時に届く案内
  • 定期的に届く明細書など

こういうモノがあります。

これを見られないためには、「自宅に届かないよう連絡する」か「電子受け取りにする」という方法があります。

業者によってはコールセンターや公式サイトから手続きが出来るので、確かめておきましょう。

 

そして「督促状・電話」ですが、これは「債務整理を専門家へ依頼」すれば完全にストップ出来ます。

依頼された専門家は「受任通知」を貸金業者へ送付するので、それ以降はあなたに直接連絡をとる事が法律的に禁止されています。

もちろん1日も遅れずに支払っていれば起きない問題ですが、どうしても返済できない時でも法律事務所・司法書士事務所に依頼すれば大丈夫です。

弁護士と司法書士ってどっちに依頼するべき?

債務整理の手続きは、弁護士と司法書士のどちらでも進められます。

とはいえ、司法書士に依頼する場合はいくつかの制限があります。

司法書士 弁護士
借金額 1社あたり140万円以下 無制限
裁判所 簡易裁判所まで 最高裁判所まで
費用 比較的安い 比較的高い

 

司法書士は、1社あたり140万円以上の借金があると対応が出来ません。

また代理人として認められるのは簡易裁判所までなので、「個人再生」や「自己破産」の申立てはできません。

つまり債務整理でいうと「任意整理」のみ依頼できるという事です。

ですが弁護士は業務範囲が制限されていないので、当然「個人再生」や「自己破産」の申立ても可能です。

 

「個人再生」や「自己破産」といった手続きも視野に入れているなら「法律事務所(弁護士事務所)」で相談するのが良いでしょう。

ただ「任意整理」を考えているなら、費用が抑えやすい「司法書士事務所」を利用するのも良いと思います。

ブラックリストに載るとどんなデメリットがある?

債務整理の手続きには大きく3種類ありますが、どの手続きを利用しても「ブラックリストに載る」ことになります。

そしてブラックリストに載った時のデメリットは、大きく4つです。

  1. クレジットカードが使えない/作れない
  2. ローンや借入の審査に通らない
  3. 奨学金などの保証人になれない
  4. スマホ本体の分割購入が出来ない

ブラックリストに載るということは「金銭的な信用を失う」という事なので、信用を前提としたクレジットカード・ローン・借り入れなどは出来なくなります。

またスマホ本体の分割購入もローンとほぼ同じ契約なので、同様にできなくなります。

 

このように「今後おこなう契約」に悪影響が出ますが、今の契約には影響がありません

今組んでいるローンはそのまま続けられるし、今の部屋を追い出されることも、今のスマホを解約される事もありません。

ただデビットカード・家族カードは使えるし、スマホは一括購入なら可能です。

 

ちなみに、手続きによってブラックリストに載る期間がある程度決まっています。

  • 任意整理:5年程度
  • 個人再生:5年~10年程度
  • 自己破産:5年~10年程度

この間はデメリットがありますが、これを超えると徐々に信用が回復するのでデメリットはなくなります。

そして「信用情報機関」に問い合わせれば、現在のブラックリスト状況を確かめることも可能です。

 

大阪府にある事務所を探す

タイトルとURLをコピーしました